ニュース

日本返還前の沖縄弾薬庫には核兵器1300発が貯蔵され誤射や核攻撃指令も

日本返還前の沖縄弾薬庫には核兵器1300発が貯蔵され誤射や核攻撃指令も

沖縄日本返還前の東西冷戦、沖縄県の辺野古弾薬庫や嘉手納弾薬庫には、1300発もの大量の核兵器が貯蔵されていた。今後、沖縄に新型の中距離弾道ミサイルが配備されれば、当時と同量かそれ以上の大量の核ミサイルが配備される事となり、沖縄全土が大変危険な状態下に置かれる事となる。1959年には米軍那覇飛行場配備のミサイルが核弾頭を搭載したまま誤射を起こして海に落下する事故も起きている。

1962年、アメリカとソ連が全面戦争突入の可能性が高まったキューバ危機当時、米軍が沖縄のミサイル部隊にソ連の極東地域を標的に核兵器を使用した攻撃を行えという指令が誤って出された。現場の発射指揮官の判断で発射が回避されたものの、一歩間違えば核戦争が勃発し日本も戦場に巻き込まれるところだった。このミサイルは、核搭載の地対地巡航ミサイル「メースB」と呼ばれる核兵器で、1962年初頭に米国施政下の沖縄に配備されていたものである。

沖縄の核兵器は日本返還の際に撤去したと報じられているが、実は証明されてはいない。沖縄返還交渉の際、日本政府は米国に非核三原則を保証する書簡を求めた時の条件として「核の確認や沖縄の貯蔵施設への査察をしないこと」を提示し、日本政府は受諾している。また、当時首相だった佐藤栄作は、米国大統領ニクソンとの間で、有事の際には沖縄に核を持ち込めるという密約を結んでいる。

 

若泉敬とキッシンジャーの沖縄返還交渉で核持ち込み事前協議で佐藤首相がイエスと記述した備忘録文書

若泉敬とキッシンジャーの沖縄返還交渉で核持ち込み事前協議で佐藤首相がイエスと記述した備忘録文書

2010年当時の民主党政権は核密約は失効したと発言しているが、米国防総省の歴史記録書には「米国は危機の際に核を再持ち込みする権利を維持した」と明記されている。米国が日本への核の持ち込みは「権利」として2021年現在も続いている。さらに、日本国内でも日本国内への核持ち込みに肯定的な意見や動きがある。

2017年、自民党の石破茂元幹事長はとあるテレビ番組で「北朝鮮の核実験強行を踏まえ日米同盟の抑止力向上の為、日本国内への核兵器配備の是非を議論すべき」との見解を示した。2009年、駐米日本大使館の公使時代に安倍政権下で外務事務次官を務めた秋葉剛男氏は、米軍による沖縄への核貯蔵施設建設に肯定的な姿勢を米国側にも示していた。

今後、北朝鮮、中国脅威論を皮切りに、新型ミサイルの日本国内配備を肯定的に捉える意見が表面化してさらに加速する恐れもある。そして、現在もなお、日本にはオスプレイに核兵器を搭載して

今、我々にできる事は、一人一人が日本代表としての自覚と責任を持ち、正しい知識を武装する事ではないだろうか。

 

参考元:東洋経済琉球新報

  • この記事を書いた人

こーせいYAP

趣味は中々辿り着けない情報のリサーチ。難しい情報の開拓程萌えるが発見すると飽きるから1つの事を続けられない。常に新しい情報を追い続ける寝てる時も泳いでないと死んでしまうマグロの様な人。ファスティング歴7年目、20kgダイエット成功し脂質異常症や脂肪肝などの生活習慣病が改善。松果体活性と脳内老廃物デトックス。ガイアの法則ではアングロサクソン文明衰退し世界の文明の中心は精神文明の日本へと移り変わる。幼少期事故で数時間の体外(幽体)離脱しアセンション。

-ニュース
-,

© 2021 こーせいYAPのブログ | 自分用メモ