ワクチン

新型コロナウィルスワクチン遺伝子組み換えの理論と仕組みを簡単に解説【アストラゼネカ】

ワクチン遺伝子組み換え理論と危険性

アストラゼネカ社が開発した「アデノウイルスベクターワクチン」が人間の遺伝子組み換えをする理論と仕組み

ワクチン遺伝子組み換え理論

  1. 新型コロナウイルスの表面にある「突起」(スパイク)のタンパク質から遺伝子を採取する。
  2. チンパンジーから一般的な風邪のウイルス(アデノウイルス)の遺伝子を採取し、ヒトの体内で増殖しないように無害化する。
  3. 1.で採取した遺伝子を再配列し2. のアデノウイルスに組み込むことでワクチンが完成する。
  4. 3.で完成したワクチンがヒトの細胞に入り込むと抗体やT細胞などの免疫抗体が生成される。

 

ワクチンには重金属や様々な化学物質が混入されていて危険性が高い

これにより体内で免疫抗体が新型コロナウイルスに遭遇すると、できた抗体やキラーT細胞が召集されウイルスに取り付いて撃退するという理屈のようだ。

 

まとめ

しかし遺伝子組み換えをしてまで恐れるべき致死率を持ったウィルスではないし、その他ワクチンには水銀やアルミニウム、フッ素、ホルムアルデヒド、MSG、動物や蛾の細胞などあらゆる毒物が混入されているのでワクチン接種には私は賛成できない。

 

ワクチンに含まれる14の危険な化学物質や重金属と副作用まとめはこちらの記事を参照ください。

ワクチンに含まれる危険な化学物質や重金属まとめ
ワクチンに含まれる14の危険な化学物質や重金属とその副作用まとめ

ワクチンに含まれる14の危険な化学物質や重金属、動物細胞と副作用まとめ 今回はワクチンに含まれる危険な代表的化学物質14と副作用を紹介する。 ...

続きを見る

 

参考文献:日本医師会 COVID-19有識者会議

  • この記事を書いた人

こーせいYAP

趣味は中々辿り着けない情報のリサーチ。難しい情報の開拓程萌えるが発見すると飽きるから1つの事を続けられない。常に新しい情報を追い続ける寝てる時も泳いでないと死んでしまうマグロの様な人。ファスティング歴7年目、20kgダイエット成功し脂質異常症や脂肪肝などの生活習慣病が改善。松果体活性と脳内老廃物デトックス。ガイアの法則ではアングロサクソン文明衰退し世界の文明の中心は精神文明の日本へと移り変わる。幼少期事故で数時間の体外(幽体)離脱しアセンション。

-ワクチン
-,

© 2021 こーせいYAPのブログ | 自分用メモ